バスケカフェ 〓●BALL TONGUE●〓 オンラインストア

ホーム 全件表示 DEAD FRESH CREW > DEAD FRESH CREW "manga"ゲームシャツ

DEAD FRESH CREW "manga"ゲームシャツ

クリックで画像を表示
フロント
クリックで画像を表示
バック
クリックで画像を表示
フロントロゴ(DEAD FRESH CREW&BASKETBALL CAFE)

クリックで画像を表示
バックロゴ(RYOD&86)

L.A.&TOKYO同時発売!
Mangaをコラージュし、#struggleをテーマに据えたゲームシャツ。

*待望の再入荷!
モノゴコロついてから、ずっとソレは日常に在る。
俺ら日本のキッズの、共通するルーツとなってる。

そして今やソレは、世界標準だ。
Dragon Ball(ドラゴンボール)、Captain Tsubasa(キャプテン翼)、Slam Dunk(スラムダンク)、"Ghost Files(幽☆遊☆白書)、One Piece(ワンピース)、Naruto(ナルト)…。
JUMP勢だけ挙げても強力な、Mangaカルチャー。
jump_us (1)
この写真のやつはアメリカ住んでた頃に買ってみたやつだけど、翻訳の手間やタイムラグもあるから掲載作品数も少なくて薄い。もちろん週刊でもないし、もう日本では連載終了してた作品もなぜか載ってた。

俺らが週のはじまりに最新のストーリーを愉しむのは当たり前になってるけど、世界中のMangaファンからしたら羨ましい限りかも。
あの3色のザラザラした紙でできた分厚い本の質感や、書き文字の味わいも、改めてクールなもんだよね。



そのJUMPをコラージュしたこのゲームジャージは、そもそも昨年の春からつくりはじめた。
L.A.のDEAD FRESH CREWの首領Johnnieがある夜、
"明日は確かじゃないから、いま俺は必死にペインティングする"ってつぶやいた。

共鳴するものを感じた俺は、
"わかるぞ"と返した。

夢追い人の葛藤や焦燥。
夢と運と磨いた才が自分を愛してくれて愉しいときがある反面、立ち往かなくなりそうな境遇や情けない状況に焦ったり苛立つときもある。すべてが限りあるのも儚いのもまぎれもなく事実だから、なおいま動きつづけることでしか安らかになれない心がある。
俺らみてーのはいつもそう、もがいてる(*struggle)よな…って話だ。

するとJohnnieから、この"struggle"をテーマにコラボしてみようともちかけられた。
自分をみても周りの仲間をみても、これ以上に馴染みのあるテーマはそう有りはしない。
"イイよ、やろう"俺は快諾をした。

その後さらなる"struggle"を経て完成したこの作品→http://balltongue.blog35.fc2.com/blog-entry-2753.html

フロントはDEAD FRESH CREWロゴとBASKETBALL CAFEロゴ。
背中にはRYOD(Right Your Own Destiny)を意味する記号ロゴと、DEAD FRESH CREWのシグネチャーナンバーである86。
さらに裾とパンツの腰の後ろにRYODの手描き文字も配置。

Right Your Own Destinyとは、“自ら在るべき道を辿れ”というメッセージ。
NBAプレイヤーBrandon Jenningsも指にタトゥーで刻む生きざまの指標だ。


シャツサイズ(W=身幅:L=着丈)

M(W54:L72)
L(W55:L73)
XL(W57:L77)
XXL(W59:L81)
XXXL(W62:L85)

上下セット/DEAD FRESH CREW "manga"ゲームユニフォームhttp://balltongue.cart.fc2.com/ca15/381/p-r-s/
ゲームショーツ/DEAD FRESH CREW "manga"ゲームショーツhttp://balltongue.cart.fc2.com/ca15/382/p-r-s/
価格:8,200円
注文数: